2024-03-29

第11話 降って湧いた引っ越し狂騒曲

29137716_s

春ですね。何かを始めるのにぴったりの季節ですが、皆さんは何かを新しく始める予定はありますか?突然ですが、私は新居での新生活を始めました。こちらのコラムで「成田空港まで遠い!」「駅まで遠くて大変!」などと散々ぼやき続けてきたわけですが、その話に突如終止符が打たれることになりました。「なんだよ…引っ越しが決まっていたのなら“遠くて大変”みたいなコラム書くなよ!」と思った方もいることでしょう。実はこの引っ越しは降って湧いたものなのです。2月に入るまでは、まさか自分が今春に引っ越しすることになるとは夢にも思っていなかったからです。  


不便なところに住んでいるのなら、さっさと越せば良かったじゃないかと思われるかもしれませんが、一筋縄ではいかない事情がありました。それは審査の問題です。ミキキートスは従業員を雇用していることもあり、一見法人っぽい佇まいに見えますが、現時点では私庭野の個人事業となっています。コロナ前には法人化も視野に入っていたのですが、コロナ禍直撃でそれどころではなくなってしまいました。個人事業主は信用が乏しいと言われています。仮に審査まで進めたとしても、直近はコロナ禍で売り上げが落ち込んでいたこともあり、貸し手にとって客観的な安心材料を提示できない状況でした。そんなこともあり、前妻と離婚する前から住んでいて、1人で暮らすには広すぎる1LDK、駅から遠いわりに家賃が高い川口の旧居に住み続ける選択肢しかないと考えていたのです。恋愛で例えるなら「どうせ振られるに決まっているから告白するのはやめよう…」みたいな感覚でしょうか。