2024-02-16

第9話 コスパ抜群の娯楽♪「そうだ 成田空港、行こう!」(前編)

画像1111

暦の上では立春を過ぎ、春の足音が聞こえてくる季節となりました。春になるとお出かけをしたくなりますが、物価高で何をするにもお金がかかる昨今。「お金がかからなくて楽しめる娯楽はないのか?」と思ったそこのあなたには、飛行機の見学をおススメします。交通費や駐車場代はかかりますが、飛行機の離着陸を眺める行為自体は基本無料です。大きな飛行機が飛び立ったり、着陸したりする光景は迫力満点で、飛行機にそれほど興味がない人でもついついスマホで写真や動画を撮りたくなってしまうものです。今回はそんな飛行機の見学に役立つお話をさせて頂きます。


日本で一番沢山飛行機を見られる空港は、いわずもがな日本一の利用者数を誇る羽田空港です。旅客機がひっきりなしに発着する様は圧巻ですが、国内線中心の為、JALやANAが圧倒的多数を占めます。他方、数ではなく沢山の種類の飛行機を見られる空港は、国際線発着数が日本一で、海外エアラインの飛行機が多く発着する成田空港となります。つまり、飛行機を眺めるなら成田空港が断然おススメなんです♪ 


さて、飛行機の離着陸を眺めるには、空港ターミナルの展望デッキか空港周辺の見学スポットのいずれかとなります。まずは成田空港にある展望デッキの事情からお話ししましょう。羽田空港は第1、第2、第3それぞれのターミナルに展望デッキがあり、いずれも滑走路が目の前にあるので、とりあえずデッキに出れば飛行機の離着陸が眺められるので分かりやすいのですが、成田空港は事情が違います。  


★展望デッキがない第3ターミナル

まず、LCC専用の第3ターミナルには展望デッキがありません。これは、LCC専用ターミナルが存在する理由と関係があります。航空会社は空港に発着するにあたり、空港に使用料を支払います。設備の立派な従来のターミナルは、利用者にとっては居心地が良いですが、使用料は当然高くなる為、格安で乗れることが売りのLCC会社にはその使用料の負担が重くなります。そこで、建設費を抑えた質素な造りの建物を用意し、使用料の負担を減らすことで、LCC各社に少しでも多く発着してもらおうという趣旨の物がLCC専用ターミナルになります。つまり建設や維持管理にお金をかけられないので、飛行機の乗降に必要がなく、娯楽要素の強い展望デッキは真っ先に外されるという訳です。