2024-01-31

第8話 豊洲市場待望の場外施設「豊洲 千客万来」が2/1(木)ついに開業!

画像1

2024年2月1日(木)、豊洲市場がようやく完成形となります。豊洲市場が開場したのは2018年の10月ですが、これまでの5年間はある意味で”不完全な形”だったというわけです。  


豊洲市場の場内、すなわち中央卸売市場の機能そのものは、2018年の時点で築地から移転が済んでいます。しかしながら、場外の部分は整備が不十分で、暫定施設での営業となっていました。豊洲に市場が移転した後でも、築地にある場外市場が大変な賑わいを見せていることからもお分かり頂ける通り、一般人=観光客にとって場外施設の整備は大変な重要なものです。今回開業となる「豊洲 千客万来」は賑わい創出を目的とした場外商業施設です。元々は豊洲市場開場の翌年、2019年の夏に開業するはずだった場外施設ですが、なぜ4年以上も遅れることになったのでしょうか。


2021年12月の「豊洲 千客万来」建設現場。写真奥中央から左に見える中層階の建物群は東京2020大会選手村跡地のHARUMI FLAG


その発端は2017年6月に小池百合子東京都知事が「築地市場の跡地を食のテーマパークにしたい」という趣旨の発言をしたことです。“食のテーマパーク”とは、お食事が出来てお買い物ができる商業施設ですから、まさにこれから建設をしようとしている施設とテーマが同じ。築地にそのような施設を建設すると豊洲の商業施設と競合することになると、運営主体である万葉倶楽部が猛反発しました。計画は一旦中断となりますが、その後小池都知事が謝罪を行ったことで2018年に再スタートを切ります。2020年10月着工、2022年12月完成の予定で正式にプロジェクトがスタートしますが、新型コロナウィルスの影響で1年延期となった東京2020大会の着工とタイミングが重なり、選手村や競技会場に近い豊洲市場の現場では、保安上の都合でトラックが入れないなど、建設に大きな制約が生じることとなりました。その結果、着工が1年遅れの2021年10月となり、完成が更に遅れることになったのです。


なお、「豊洲 千客万来」の開業延期を補うために2020年1月末に開業した暫定場外施設「江戸前場下町(じょうかまち)」は、その役割を終え1月30日に営業終了となります。開業直後にコロナ禍が直撃、テナントの撤退も相次ぐなど踏んだり蹴ったりでしたが、周辺に商業施設が乏しい豊洲市場において、市場関係者も含めて、多くの方に愛された商業施設として人々の記憶に刻まれることでしょう。